“早期の下見で良いものをゲット!

タキシードをレンタルする場合、女性と違った男性は必要になる直前に下見にいき予約を行うことがほとんどですが、体格が大きい方や小柄な方は早期に行動する事をお勧めします。

男性が着る機会が多いのがやはり結婚式だと思いますが、近年では多種多様な形や色のものが用意されています。
しかしサイズ展開となると限られたものになり、気にいったものが見つかってもレンタルドレスを会場へ運搬していたりクリーニングの都合により他の人が予約していると前後1週間は貸出不可という場合もあるのです。

せっかく良いものが見つかってもレンタル出来ないとなると悲しいものなので、早期の下見で良いものを選びたいものですね。

“色柄や小物で個性を出してみる!

タキシードと一言にいっても色柄や形が様々です。

肩幅の広い方に似合う柄や、長身の方が着て似合う形などがあります。

レンタルドレスの場合だと、予め定められた組み合わせの中から選ぶことがほとんどなので自身にあった良い柄と形の組み合わせが見つかるのが一番ですが、その他に小物で個性を出すという選択肢もあります。

最近では帽子をかぶって紳士的な雰囲気を強めたり、レプリカの刀をさして和洋折衷の着こなしを楽しむ方もいます。

TPOをわきまえた組み合わせが必要ですが、時には正装という枠にとらわれず楽しむ事も大切なのかもしれません。

“正装をきちんと着こなすか、着崩すか。


タキシードを着ていく所は大抵かしこまった場所と思われますが、結婚式など本人が主役の場であれば程度をわきまえて楽しんでも良いのではないでしょうか。

きちんと着こなして普段とは違う大人の自分で勝負しても良いですし、自分なりに着崩して独自の感性をアピールしても良いと思うのです。

レンタルドレスであれば提示される選択肢も広がるため、色んなものをみて楽しみながら自分にあったスタイルを模索していきましょう。

Bookmarks